【2万円即日融資】今すぐ2万円借りたい時に損をしない行動とは?

  • 今すぐ2万円借りたいけど、なにからスタートしたら良いの?」
  • 即日で2万円借りたいけど、どこから借りたらいい?」
  • 「2万円借りた時って、利息はいくら?どうやって返すの?」

 

長財布と現金2万円

 

どうしても今日中に2万円借りたいって時に、友達や親に頼むのは気が引けませんか?

 

2万円ならギリギリ貸してもらえるかも…って人もいれば、2万円は貸してもらえないだろうなって人もおられるでしょう。

 

しかし、キャッシングという「サービス」として、利息というサービス料を払えば今日中に2万円を借りることも不可能ではありません。

 

その場合、誰にも頭を下げる必要もなく、返済期日までに利息を含めて返済すればなにも困ることは起こりません。

 

「月末には給料が入るから、それで返せる!」

 

具体的な返済プランがあるのなら、友達や親に気まずい思いをして借りるよりも、サービスとして2万円を即日融資してもらったほうが気が楽ではありませんか?

 

ローンカードとサラリーマン

 

ただし、このキャッシングというサービスは誰でも簡単に使えるのかどうかというと、そうでもありません。

 

これから始めてお金を借りようって人の場合には、注意するべきことがいくつかあります。

 

  • 「余計な手順で遠回りをしてしまい、今日中に2万円借りれなかった」
  • 「急ぐあまりに、とても危険な業者に2万円を借りてしまった…」
  • 「知らなかったから、ムダに手数料を払って損をしてしまった…」

 

こういった失敗をしてしまい、2万円を借りたことが「借金生活のスタート」になってしまう人もおられます。

 

このページでは、2万円を即日で借りたい、今すぐ2万円借りたいと考えている人のために、失敗しないでスムーズに借入を実現するための方法をご紹介しています。

 

キャッシングアドバイザー

 

また、今後も上手に便利にキャッシングを利用するために知っておきたい知識、返済能力を高めるためにも知っておきたい知識、これらも併せて解説しています。

 

難しいことはありません。知っているかいないかだけの違いです。

 

これから2万円を即日で借りたいと考えている人は、是非お役立てください。

 

 

返済計画を確認する

 

借りたものは返す!これは当然の義務です。

 

便利に利用できる消費者金融ですが、借りたものを返さなければ法的な制裁を受けることになります。

 

返済に遅れた債務者

 

では、2万円を借りたうえで「計画的に返済していく」ために必要な知識を以下にご紹介したいと思います。

 

返済する充てがあるのかどうか

 

そもそも、借金の返済のために2万円を借りるというのは頂けません…。

 

お金を借りる際には、必ず返済できるだけの充てがなければなりません。

 

借金を返すために、また別のところから借りるという生活を続けていれば、それは自転車操業であり利息ばかり払い続けて、最終的には破産ということになってしまいます。

 

返済の充てがなければ、2万円という少額の融資でも受けるべきではありません。

 

利息はどの程度なのか?

 

2万円を消費者金融から借りた場合には、どの程度の利息が発生するのでしょうか?

 

利息を計算するOL

 

その為には、利息の計算方法をざっとで良いので頭に入れておくといいです。

 

利息=借入金額×金利÷365日×借入日数

 

借入金額の金利(年間の利息)をまず計算し、それを365日で割って1日当たりの利息を出します。

 

そのあと、実際に借り入れする日数分を計算することで、必要となる利息が計算されます。

 

では、例を出して計算してみましょう。

 

即日融資で2万円を金利18%で借りて、それを30日後に一括返済したとしましょう。

 

利息=20,000×0.18÷365×30

 

この場合の利息は、「約295円」となります。

 

では、月に1回返済する形で3か月、6ヶ月、12ヶ月借りた場合の2万円の利息もみていきましょう。

 

回数 3ヶ月 6ヶ月 12ヶ月
1 6,867円 3,510円 1,833円
2 6,867円 3,510円 1,833円
3 6,868円 3,510円 1,833円
4 - 3,510円 1,833円
5 - 3,510円 1,833円
6 - 3,509円 1,833円
7 - - 1,833円
8 - - 1,833円
9 - - 1,833円
10 - - 1,833円
11 - - 1,833円
12 - - 1,835円
合計 20,602円 21,059円 21,998円

 

先ほど、2万円を即日で借りて30日後に返せば約295円の利息が発生するとご紹介しました。

 

上記はリボ形式で一定額を分割で返済する形で、これは消費者金融では一般的な返済方法となります。

 

この返し方だと、3ヶ月で「602円」、6ヶ月で「1,059円」、12ヶ月で「1,998円」という違いがみられます。

 

これを見てお気づきの方も多いと思いますが、同じ2万円を同じところに借りたとしても、借入日数が増えれば増えるほど、合計で支払う利息の総額が多くなります。

 

毎月の返済額でみれば、長期になればなるほど負担が少ないので楽に見えますが、トータルで支払った利息となると長期になるほど大きくなる仕組みになっています。

 

お得な返済方法とは?

 

では、上記の通り利息は長期の借り入れになればなるほど膨らんでいく仕組みになっていることが分かりました。

 

その上で、以下に利息を抑えて借り入れするかどうか、この辺がお得に2万円借りるためには重要な知識となってきます。

 

お得に借り入れする為には、お得に返済する必要があります。

 

その返済方法として、一番効果的なのが「繰り上げ返済」となります。

 

繰り上げ返済を受け付けるスタッフ

 

2万円という少額の借り入れであれば、3ヶ月でも12ヶ月でも違いが1,200円程度と少ないので、それほど気にする必要は無いかもしれませんが…。

 

しかし、借金である以上は返せるときに早めに返すという心がけが重要です。

 

そうすることで、利息を抑えられますし、また借入が必要になったときに「枠に余裕」を持たせておくことができます。

 

返済実績を積むことで、借り入れと返済が自由に行える「枠」の上限を挙げてもらえる「増額申請」も通りやすくなります。

 

繰り上げ返済をするためには、口座振替といった毎月決まって引き落とされる返済方法では実現できません。

 

ATMやインターネット返済、または振込などによって別途返済する手続きが必要となります。

 

 

お勧めは無理のない範囲で定額を毎月口座振替で返済する形をとり、余裕があるときに途中返済を組み入れていく形です。

 

このやり方だと、先ほどご紹介した「利息を抑えられる」だけでなく「返済実績が積める」「利用限度額の枠に余裕を持たせられる」というメリットが同時についてきます。


 

今日中に2万円借りれるところを探す

 

今日中に2万円借りたいのであれば、安全で便利なサービスを提供している大手のキャッシング会社を検討しましょう。

 

プロミス

 

 

初回の方でも迷わずに安心して利用できるのがプロミスのキャッシングです。

 

初回申込の場合には、最大で30日間の無利息サービスを受ける事が可能です。

 

条件としては、メアドとWEB明細の登録となり、借り入れ翌日から無利息期間が適用されます。

 

契約日翌日からではなく、借り入れ翌日からのサービス適用というのが人気の秘訣です。

 

即日融資にも対応しており、スピーディーな審査が評価されています。

 

今すぐ2万円借りたいという即日を希望される方だけでなく、今後困ったときのために準備しておきたいといったニーズの利用者にも無利息サービスがキープできるため人気なのです。

 

コンビニや対応している銀行ATMの数も多く、アプリを使えばカード無しでもATM出金できるなど、利便性が高いのも選ばれている秘訣となっています。

 

圧倒的認知度と充実した借り入れ返済方法、ポイントサービスなどもあり、非常に安心して利用できるキャッシングサービスとなっています。

 

SMBCモビット

 

 

SMBCモビットには無利息サービスは準備されていません。

 

しかし、WEB完結サービスを利用すると「電話連絡なし」「郵送物なし」「カードなし」といった非常に秘匿性の高いキャッシングの利用が可能となります。

 

Tポイントがたまるカードがあるなど、独自のサービスも展開されているユニークなキャッシング会社です。

 

アイフル

 

アイフルでは、契約日翌日からの無利息サービスが提供されています。

 

初回の方限定であり、最大で30日間の無利息期間が利用できます。

 

急ぎで2万円借りたいというニーズにはピッタリのキャッシングサービスです。

 

今すぐ2万円借りる為の条件を知る

 

今すぐ2万円を借りたい場合には、借りれるための条件を知ることも大切です。

 

以下では、消費者金融で2万円の即日融資を受けるために必要となる条件をまとめました。

 

身分証明書を準備する

 

お金を借りるのに、どこの誰だか分からない人にお金を貸す人はいません。

 

当然ですが、2万円を消費者金融から借りる際にも「公的な書類」による身分証明書が必要となります。

 

パスポート

 

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

 

これらの書類があれば、身分証明書(本人確認書類)として提出すれば受理してもらえます。

 

記載の住所と現住所が違う場合などは、現住所を証明するために追加で保険証だったり、公共料金の領収書だったりが求められます。

 

ちなみに、健康保険証(国民健康保険証)じゃだめなの?という方もおられるでしょう。

 

その場合は、駄目ではありませんが、身分証明書としての効力が少し弱いため、同じく追加で1点の書類が求められます。

 

  • 健康保険証+住民票
  • 健康保険証+公共料金の領収書

 

こういった形で、プラス1点という形で効力を補う形で提出が求められます。

 

審査実施時間に間に合わせる

 

今すぐ2万円借りたい、今日中に2万円必要だ、といった場合には、その日のうちに審査に合格する必要があります。

 

審査の合否

 

審査に合格する為には、その日のうちに審査を実施してもらう必要があります。

 

消費者金融のCM等を見ていると、24時間受付中といったフレーズを見かけませんか?

 

あれを見ると、「24時間いつでも審査して貸してもらえる」といったニュアンスでとらえてしまいがちです。

 

しかし、実際には審査も人間の手が加わりますので、審査を担当する人が勤務している時間に申し込みをして結果を貰わなければ、その日のうちに2万円を借り入れすることは出来ません。

 

以前であれば、銀行の振り込みが可能な時間帯である14時くらいまでに審査を終えないと、即日振込は不可能といった制限もありましたが…。

 

現在は銀行システムが時間外でも即時反映できる銀行も増えており、特に大手の消費者金融であれば多くの銀行で24時間の振り込みが可能となっています。

 

結論として、今日中に2万円借りたいのであれば、一先ず審査が実施されている時間の間に審査に申し込んで結果を貰うことが重要です。

 

 

借り入れ方法は銀行振込でも多くの場合は対応可能ですし、銀行が時間外振り込みに対応していなければカードを発行してATMやコンビニATMから出金することも可能です。

 

とにかく、その日の営業時間内に審査に通過して契約を済ませる事が、即日で2万円借りるためには必要な条件となります。


 

在籍確認の対策をする

 

在籍確認に関しては、具体的に対策をするというよりも、内容を知っておくことが重要となります。

 

知らないことで在籍確認をクリアできず、即日融資が実現できないケースが多いからです。

 

在籍確認の電話をする消費者金融の社員

 

まず、在籍確認という言葉の意味をご存知でしょうか?

 

これは、実際に申告した勤務先の情報が正しいのかどうかを確認する作業であり、あなたが返済するだけの能力を有しているかどうか、つまり返済するための安定した収入があるのかどうかをチェックする作業となります。

 

具体的には、あなたの勤務先に消費者金融の審査担当者が電話を入れます。

 

【パターン@(あなたが電話に出た場合)】

  • 審査担当者:「わたくし、山下と申しますが、〇〇(あなたの名前)様にお繋ぎ頂けますか?」
  • あなた:「はい、私が〇〇(あなた)です。」
  • 審査担当者:「わたくしキャッシング会社■■の山下です。お申込みされた件に関して、間違いはございませんか?」
  • あなた」「はい、確かに申し込みました」
  • 審査担当者:「かしこまりました、これで在籍確認は終了です。ありがとうございました。」
  • あなた「はい、ありがとうございました」

 

【パターンA(あなた以外が電話に出た場合)】

  • 審査担当者:「わたくし、山下と申しますが、〇〇(あなたの名前)様にお繋ぎ頂けますか?」
  • 同僚「もうしわけありません、〇〇はただいま席を外しております。ご用件をお伺いしますか?」
  • 審査担当者:「いえ、結構です。では、直接携帯の方に連絡してみます。」
  • 同僚「かしこまりました、それでは失礼いたします」

 

非常に簡略化してご紹介しました。

 

しかし、実際に上記のように簡単な電話内容となっており、キャッシング会社からの電話だとは分からないような配慮がなされています。

 

個人情報ですので、あなたがお金を借りているといった事実が伝えられることはありません。

 

当日2万円を借りるのであれば、当日に在籍確認の電話がなされますので、そのつもりでいると良いでしょう。

 

  • 「今日は会社が休みで電話が繋がらない…」
  • 「個人情報が厳しくて、個人あての電話は一切取り次いでくれない」

 

そういった事情がある場合には、申し込み後にコールセンターに連絡をして事情を説明しましょう。

 

 

場合によっては、勤務事実を証明する書類の提出や後日改めて在籍確認をするという対応で、一先ず今日中に2万円を貸してもらえる場合があります。


 

収入と年齢制限を知る

 

消費者金融の申し込み条件として、多いのが以下の条件です。

 

20歳以上で安定した収入があること

 

安定した収入があることという条件は、ひっくり返すと「総量規制」という貸金業法の決まりが関係しています。

 

総量規制というのは、年収の3分の1以上の貸し付けを行ってはダメだとする条文ですが、つまり収入が0だったら1円も貸せないという意味になるのです。

 

上記の在籍確認にしてもそうですが、貸金業者というのは貸金業法で決められている年収の3分の1以上を調査する必要があり、収入がなければお金を貸すことは法律違反になってしまうのです。

 

融資不可の通達

 

未成年は民法で守られており、法定代理人が契約を無効にする権限があるなど、サービス提供側にとって不利になるケースが多いため、消費者金融においても未成年との契約はなされない決まりになっています。

 

逆に年金を貰っている高齢者の場合はどうでしょうか?

 

年金という収入源は、安定した収入だと貸金業法では認められているものの、多くの消費者金融では「年金のみの収入者」に関しては貸し出しを行っていません。

 

 

これらのことからも分かる通り、正規の消費者金融は貸し出しに関して徹底した調査を行っており、誰でも簡単に貸すほど緩いサービスの提供は行っていません。


 

具体的な2万円借りる為の手順を知る

 

では、具体的に2万円を今日中に借りたい時の手順について解説したいと思います。

 

回り道したり、遠回りして余計な費用と手間を発生させないためにも、必ずチェックしておいてください。

 

今日中に2万円借りたい時の時短手順とは?

 

大手の消費者金融ほど、サービスのクオリティーが高いために選択肢が多いという事実があります。

 

逆に選択肢が多いということで、迷ってしまう方が多いのも実はあるのですが…。

 

以下では、即日で2万円借りたい時に考えられる最短ルートの借り入れ方法手順をご紹介します。

 

  1. 公式HPでオンライン申し込みをする
  2. 申込確認のメールもしくは電話を受ける
  3. 審査の結果を待つ
  4. 審査結果を受け取ったら自動契約機ヘ向かう
  5. 自動契約機で契約→カードを受け取る
  6. 併設されたATMで現金を引き出す

 

この手順だと、郵送や電話で情報を伝えたりといった手間も省けますし、手元に今日中に2万円を準備することが可能となります。

 

ただし、近くに自動契約機が無い場合や銀行振込で借りたいといった方もおられるでしょう。

 

その場合には、以下の手順を検討してみて下さい。

 

  1. 公式HPでオンライン申し込みをする
  2. 申込確認のメールもしくは電話を受ける
  3. 審査の結果を待つ
  4. 審査結果を受け取ったら、そのままオンラインで契約をする
  5. 会員ページから自身の銀行口座に振り込みをする

 

こちらであれば、一切移動することなくスマホやパソコン上で即日2万円の借り入れが可能となります。

 

銀行口座への振り込みというアクションがありますので、銀行の営業時間内に間に合わせないと実現できないという制限があります。

 

ただし、これに関しても2018年の銀行制度の改変(モアタイムシステムの採用)によって、銀行間の即時振込が24時間可能となっているケースも増えています。

 

全銀ネット:モアタイムシステムの概要(外部ページ)

 

全ての銀行がモアタイムシステムに参加しているわけではないため、すべての銀行への振り込みが即時振込可能というわけではありません。

 

以前のように、銀行の営業時間に間に合わせるために15時までに振り込みを済ませなければいけない、といった制限が外れているケースが多くなっています。

 

また、当ページでご紹介している大手の消費者金融では、大手銀行の傘下ということもあり、このモアタイムシステムを採用しているケースも多くあります。

 

遅い時間で銀行振込で2万円借りたいといった場合にも、消費者金融の公式HPで対応銀行が確認できますので、諦めずにトライしてみて下さい。

 

手数料を発生させずに借入するには?

 

2万円を借りたいという場合に、手数料を数百円取られるというのはインパクトがありませんか?

 

財布に小銭が無い男性

 

できれば手数料を発生させない方法で借り入れと返済を済ませたいものです。

 

実は、手数料を発生させない方法を知らずに、手間が同じにも拘らず手数料を払って借り入れや返済を行っている人が少なくありません。

 

知っているだけでお得にキャッシングできるようになりますので、以下をご確認下さい。

 

借り入れ【手数料0円】

  • 銀行振込
  • 自社ATM
  • 店頭窓口

 

返済【手数料0円】

  • 口座振替
  • 店頭窓口
  • 自社ATM
  • マルチメディア端末

 

上記の方法で借り入れと返済を行えば、手数料を払わずに借入返済が可能となります。

 

簡単な覚え方としては、コンビニATMや銀行振込(返済)を使わないという点です。

 

コンビニATMなどの提携銀行ATMを利用すると、1万円以内なら100円、1万円超だと200円の手数料が発生してしまいます。

 

急ぎで今日中に2万円借りたいという場合でも、借り入れには銀行振込かキャッシング会社の自社ATMもしくは店頭窓口を利用するとお得です。

 

現実的には店頭窓口で顔を合わせるのは嫌だって感じる方が多いでしょうから、銀行振込か自社ATMでの引き出しによる借り入れが良いでしょう。

 

返済に関しては、口座振替で毎月決まった日に引き落とされる方法が、忘れるリスクも減りますし安全ですね。

 

 

銀行口座を使いたくない方などは、ファミリーマートのFamiポート(マルチメディア端末)を利用して返済すれば手数料は発生しません。

 

口座振替で返済する場合にも、途中でマルチメディア端末を使って繰り上げ返済すると「利息を抑えられる(ページ内移動)」という利点があります。


 

より優先して審査を進めてもらうためには?

 

審査は申し込みを受けた順番に、キャッシング会社の審査担当者が行っています。

 

打合せをする消費者金融の女性社員

 

ただし、どうしても今日中に急ぎで2万円借りたいといった場合には、この順番を優先して先にしてもらえる可能性があるのです。

 

その方法は、オンライン申し込みの後の確認メールを受け取ったタイミングで、コールセンターに電話を入れる方法です。

 

「いそぎで今すぐ2万円借りたいので、審査を急いでもらえますか?」

 

こういった感じでコールセンターのスタッフに相談をすると、絶対ではありませんが優先して審査に取り掛かってもらえる可能性があります。

 

この際に「在籍確認(ページ内移動)」に関しても不安がある場合などは、相談してみると良いでしょう。

 

今なら利息0円で借りるチャンスです!

 

2万円の即日融資を断られる人の特徴とは?

 

2万円という少額融資に対しても、初回にも拘らず断られるケースがあります。

 

以下では、消費者金融からの借り入れ審査に落ちてしまう人の特徴をご紹介したいと思います。

 

収入が安定していない

 

安定した収入がないと「総量規制」に違反してしまうという話をすでにしました。

 

日雇いバイトで仕事をしている証明が難しい場合などには、なかなか審査に通過することが難しくなります。

 

日雇いで庭の剪定をする男性

 

消費者金融では、勤務期間が1日でも審査に通ったという話を聞いたことがありますが、審査上厳しくなるのは事実でしょう。

 

2万円を借り入れしたい場合には、10万円の利用限度額でも目的は達成できますので、勤務期間が短い場合でも審査に通過する可能性はあります。

 

審査に落とされてしまった方で、勤務期間が1ヶ月未満だったという方は、6か月後にまた申し込みをしてみると良いでしょう。

 

キャッシングの申し込み履歴は6か月の間、信用情報機関に保持されます。

 

そのため、保持された申し込み履歴が消える6か月以降だと、同時にそのころには勤務期間も長くなっていますので、再度の審査に通過しやすくなるでしょう。

 

勤務期間が0か月だと給与明細などの収入証明も提出できない状態です。

 

 

50万以上の借入希望などの条件に該当しない場合は基本は収入証明を求められることはありませんが、提出できる状態であることは審査において有利な状態となります。

 

やはり、勤務期間を出来るだけ延ばすことが審査通過の確率をアップさせる要因となることを覚えておきましょう。


 

過去の信用情報が悪い

 

信用情報機関には、個人の過去の金融取引履歴(クレジットヒストリー)が一定期間保管されています。

 

  • JICC:株式会社日本信用情報機構
  • CIC:株式会社シー・アイ・シー
  • KSC:全国銀行個人信用情報センター

 

保持される情報としては、個人の情報や金融商品の申込履歴、返済履歴、遅延や延滞の履歴、債務整理の履歴などです。

 

クレジットヒストリー

 

項目や情報機関によって、保持される期間は異なりますが、だいたい6ヶ月や5年、長いものだと10年という期間保持されることになります。

 

これらの情報は、新たにローン契約を組む際などの信用調査に役立てられています。

 

貸金業法でも申込者の情報を信用情報機関に登録することや、最初の返済能力調査で必ず参照して役立てなければならないことが法律で決められています。

 

これらの信用情報には、お金の貸し借りだけでなく、クレジットカードを使ったショッピング(買い物)の返済履歴やスマホの分割払いの履歴なども残されています。

 

スマホ代を滞納したりしていませんか?

 

 

他からお金を借りたこともない、カードで買い物したこともない、それなのに2万円のキャッシングを断られてしまった…。

 

それは、スマホ代を滞納していることが原因かもしれません。


 

既に総量規制以上を借り入れしている

 

総量規制というのは、年収の3分の1以上の貸し出しを禁止して、利用者の返済不能による破産を防止する目的で作られている法律です。

 

実は総量規制という言葉はなく、通称名として使われている言葉です。

 

気になる人は、以下の貸金業法の条文を参考にされてみて下さい。

 

貸金業法過剰貸付け等の禁止(外部ページ)

第十三条の二 貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合において、前条第一項の規定による調査により、当該貸付けの契約が個人過剰貸付契約その他顧客等の返済能力を超える貸付けの契約と認められるときは、当該貸付けの契約を締結してはならない。
2 前項に規定する「個人過剰貸付契約」とは、個人顧客を相手方とする貸付けに係る契約(住宅資金貸付契約その他の内閣府令で定める契約(以下「住宅資金貸付契約等」という。)及び極度方式貸付けに係る契約を除く。)で、当該貸付けに係る契約を締結することにより、当該個人顧客に係る個人顧客合算額(住宅資金貸付契約等に係る貸付けの残高を除く。)が当該個人顧客に係る基準額(その年間の給与及びこれに類する定期的な収入の金額として内閣府令で定めるものを合算した額に三分の一を乗じて得た額をいう。次条第五項において同じ。)を超えることとなるもの(当該個人顧客の利益の保護に支障を生ずることがない契約として内閣府令で定めるものを除く。)をいう。

 

仮に年収が300万円だとして、すでに他社から100万円を借りている場合には、すでに年収の3分の1を借り入れしている状態となります。

 

この状態だと、貸金業者は1円も貸し出しすることが出来ないわけです。

 

銀行カードローンに関しては、貸金業法の規制を受けません。

 

そのため、総量規制で借りれない利用者が銀行カードローンに駆け込みました。

 

それによって自己破産者が増えたという社会問題になり、現状は銀行側も自主規制のもと、総量規制に準ずる形での審査が行われるようになっているのが現状です。

 

総量規制以上に借り入れをしている方の場合には、2万円といえども貸金業者からの借り入れは難しくなるでしょう。

 

2万円即日融資なら消費者金融以外が良いのか?

 

総量規制でお金が借りれない方なども含めて、事情があって消費者金融から借りれないって場合もあるでしょう。

 

その場合には、以下の銀行カードローンに申し込みをしてみるっていう方法もあります。

 

銀行カードローンの即日2万円が事実上不可能な理由とは?

 

総量規制に引っかかる為、貸金業者である消費者金融からは借りる事ができない。

 

その場合でも、貸金業法の対象外である銀行カードローンであれば借り入れできる可能性が残されています。

 

ただし、利息が14%代となっていることからも一般的に消費者金融よりも審査が厳しい傾向にあります。

 

また、過剰貸し付けの問題以降は即日での融資も事実上不可能となっているのが現状です。

 

今日中に2万円借りたい方の場合には、銀行カードローンでは間に合わないため選択肢から外さざるを得ないでしょう。

 

ちなみに、2万円を借りる場合には消費者金融と銀行カードローンでも利息に大きな違いはありません。

 

【2万円を30日間借りた場合】

消費者金融(利息18%) 銀行カードローン(利息14%)
約295円 約230円

 

借りずに売れば2万円なら準備できる?

 

自宅にブランドバッグや時計などがあれば、それをオンライン質屋で売ることで2万円の準備ができるかもしれません。

 

質屋にもっていけば、預けるだけでお金を借りる事が可能です。

 

質屋の融資に関しても、貸金業法の規制の対象外ですので、過去の信用情報に傷があって消費者金融からは借りれないって場合には検討してみると良いでしょう。

 

ただ、質屋の金利は消費者金融に比べると高額となる点などには注意が必要です。

 

質屋の融資に関しては、貸金業法ではなく質屋営業法が適用されます。

 

この質屋営業法では、利息の上限が109.5%となっており、消費者金融の上限20%とは違いがあります。

 

返済は3ヶ月後に一括しか選べない場合もあり、返済の際には元金と利息、あとは品物を保管した保管料なども請求されます。

 

信用情報に影響されない、仮に返済できなければ預けているものが返ってこないだけで督促などがないというメリットがある点も考慮して検討してみると良いでしょう。

 

クレジットカードのキャッシング枠を使う

 

クレジットカードをお持ちであり、そこの「キャッシング枠」が付随している場合には、こちらで借り入れをすることも可能です。

 

ショッピングの枠の中にキャッシング枠がありますので、例えばショッピング枠が20万円で既に全部使っている場合にはキャッシング枠は残されていません。

 

2万円を即日で借りる場合には、2万円の枠以上がないと借りれないわけです。

 

注意点としては、すべてのクレジットカードにキャッシング枠が付随しているわけではないという点です。

 

また、クレジットカードのショッピング枠は割賦販売法の規制を受け、キャッシング枠は貸金業法の規制を受けます。

 

総量規制を超えている場合でも、すでに枠が付いているクレジットカードをお持ちなら、そちらで借り入れすることは可能です。

 

まとめ

 

即日融資2万円まとめ

 

ここまで読まれたあなたなら、今日中に2万円借りることも不可能ではないでしょう。

 

条件が満たせなければ審査に落とされてしまいますが、審査に通過するだけの知識は理解されたのではないでしょうか?

 

  • 「これから2万円を即日で借りたい」
  • 「今後困ったときのために24時間お金を借りれる権利を得ておきたい」
  • 「安全で困らない信頼できるところから借りたい」

 

こうった考えを持たれているのなら、今すぐ以下の大手を確認してみて下さい。

 

きっと、日常生活におけるお金によるピンチを減らせる、有益なサービスとなるでしょう。

 

今なら利息0円で借りるチャンスです!